financial planning

ファイナンシャルプランニング

火災保険から生保・損保までお気軽にご相談ください。お客様一人一人に合った、本当に必要な保険を確かなノウハウを元に設計、ご提案致します。

FD(フィデューシャリー・デューティー)宣言

私たちは、顧客本位の業務運営を行い、
お客様の利益を最大限にすることを目標に活動します。

about financial planning

ファイナンシャルプランニングとは

保険の設計は人生の設計。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

Be capable of financial planning

ファイナンシャルプランニングができること

FPは、相談者の夢や目標を達成するために、ライフスタイルや価値観、経済環境を踏まえながら、家族状況、収入と支出の内容、資産、負債、保険など、あらゆるデータを集めて、現状を分析します。

そして、相談者の立場や、ライフイベントを考慮したうえで、長期的かつ総合的な視点でさまざまなアドバイスや資産設計を行い、併せてその実行を援助します。

また、必要に応じて、弁護士や税理士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家のネットワークを活かしながらファイナンシャル・プランニングを行います。

Be capable of financial planning

ジョリーファクトリーのFP

私たちの人生には就学や就職、結婚、住宅購入、リタイアなど
さまざまなライフイベントがあります。

それらはいずれかけがえのない思い出となり、その中ではぐくまれる家族や友人、同僚たちとの絆は、私たちの人生をより豊かで幸せなものにしてくれるでしょう。けれど一方で、その長い人生には時としてさまざまな苦難も訪れます。家族や自分自身が病気やけがに見舞われたり、両親の介護を背負うことになったり、あるいは思わぬ事故で車や家財を損失してしまうことが、絶対に起こりえないとは限りません。

また、家族が増えたり、子どもが県外や海外の大学に進学したりといった幸せな出来事の延長線上にも、多額の養育費や学費という大きな負担が待ち構えています。そんな目の前の幸せを未来につなぐときに、あるいは突如見舞われるかもしれない不運・不幸を乗り越えるために、大きな助けとなってくれるのはやはりお金。「お金がすべて」というつもりは決してありませんが、穏やかで心豊かな人生においてお金が時として極めて重要な役割を果たしてくれるのは、否応のない事実なのです。

専任のファイナンシャルプランナーが在籍する当社の強みはまさに、その心豊かな人生の支えとなる資金を、時に守り、時に価値ある投資につなげるためのトータルサポートを行っていることにあります。ファイナンシャルプランナー(FP)というと個人資産家や企業のアドバイザーと考える人もいるかもしれませんが、そうではありません。億単位の資産を持つわけではないごく平均的なサラリーマン家庭であっても、FPのサポートを活用すべき時は人生の中で少なくとも幾度かは訪れるはずです。

その最たる機会が、不動産購入時と保険の加入・見直しの時期。家や保険商品は総トータルで数千万、数百万もの支出になる極めて大きな支出ですから、最大限無駄を抑えたいところですが、専門知識が乏いがために極めて不用意で非効率なキャッシュフローに陥ってしまうケースは非常に多いのです。

例えば毎月定額を支払っている家財保険や生命保険、自動車保険など。どれも総額で見れば決して小さな負担ではないはずですが、それによって具体的にどんな権利を得ているのか正確に把握している人はほとんどいません。

家財保険であれば、火災や自然災害、盗難などの際、加入条件に応じて一定の損害が補償されることは理解しているとしても、うっかりパソコンにコーヒーをこぼして壊れてしまった場合、外出先で子どもが誤って他人の車を傷つけてしまった場合などにもその保険が活用できるケースがあることを、どれだけの加入者が認識しているでしょうか。あるいは地震や水害で被災した際、どれだけの人が保険会社から示された査定を覆し、最大限の補償を勝ち取ることができるでしょうか。毎月けなげに掛け金を払い続けてきたにもかかわらず、いざという時にもてる権利を行使しない、できないのであれば、それは投資でなくもはや単なる浪費と言ってよいでしょう。

同じ支出額でも、その後の扱い方によって0から100までその価値が変わるのは、なにも保険ばかりではありません。株式や不動産などの金融資産はいわずもがな、家庭の預貯金や各種ローン、家、車、教育・介護福祉サービスに至るまで、日常に埋もれたあらゆる家計収支の中にその価値の変化を見直す機会は隠れています。それを一つひとつ洗い出し、見極め、真に価値あるキャッシュフローへと導くのが、私たちFPの務め。法人・個人のマネーセイバーとしてさまざまな経験を積み、財務コンサルティング協会会員・相続事業承継コンサルティング協会会員として築いてきたネットワークを活かしながら、お一人おひとり、一組ひと組に、幸せを積み重ね続けるための最善のマネープランをお手伝いさせていただきたいと考えています。